ケータイで見る
山の遊び舎はらぺこ
背景画像
はらぺことは

はらぺこのはじまり

2005年4月。
山の遊び舎はらぺこは、
「自然の中でのびのびと子どもたちを育みたい」
との母親たちの願いにより、
保育士、保護者、地域が一体となって
子どもの育ちを見守り、一緒に楽しみ、
共に喜びを分かち合う場としてスタートしました。

  • 手の届くところに木があり、山がある。もっと自然の中に子供達を預けたい。
  • 田も畑もある。子供達と耕したい。
  • 幼い子供にとって必要な生活空間、生活集団の中で育てたい。
  • いろいろな保育のあり方がある中で、親が保育士とともに創りあげていく園を目指したい。
  • 親も学び、育ちあえるような仲間、場にしたい。
  • あたりまえになっている保育、食育、子どもとのかかわりを見直したい。

大切にしていきたいこと

この命がはじまってまだ数年しか経っていないのに、
私たちはこの命の豊かさに圧倒され、
その素晴らしさに心奪われています。
私たちが日々生きていく事への意味を
この命が教えてくれるといっても過言ではないでしょう。

押し付けるだけのエゴを愛とすり替えて
愛情の深さを誇示するのではなく、
「個」としての存在を最大限尊重し、
自立を促しながら、
共に生きていく時間と空間を確保していくこと。
上手くいくことばかりではないにしろ、
その子どもにしか感じ得ない、
喜びに満ちあふれた経験を重ねるチャンスを
つくっていければと願っています。

こころとからだについて

子どもたちの日々の成長には目を見張るものがありますが、
自然に即した生活の安定した流れが
大きな支えになることは明らかです。

知識の押付けを
幼いこころとからだに施すのはいとも簡単なことですが、
体験という裏づけのないものは
いずれ本人の中から滑り落ちていってしまいます。
喜びが伴う体験はいずれ知恵となり、
生き続けようという力の源になるものだと、
私たちは考えます。

からだについても、
もともと子どもたち自身の遊びの中で
培われていった体力なのですから、
サプリメントと体操教室で補う事ではなく、
充実した遊びの中で新しい子ども像を
模索していきたいと思います。

育ちの環境について

自然のなかでたくさんの命にふれあい、
心豊かに育ちあう環境を提案し整えていきたいと考えます。
素朴で自然豊かなシンプルな生活環境を基盤として、
そこから生み出される新しいエネルギーを
拠り所としたいと思います。

ひとり一人が時間をたっぷりかけ
それぞれの事柄に向かい合い、
対話しながら自分の原風景作り出していける
環境づくりに取り組んでいきたいと思います。

食べること、眠ること

日々の食事が命を繋ぐものというリアリティーは、
大人の私たちですら感じることが難しくなってきています。

好き嫌い以前の問題として、
食べる意欲が低下している子どもたちの姿に、
今子どもたちに必要なことは、
はらぺこになるぐらい夢中で遊び込み、
最大限の喜びをもって食事をする毎日を
積み重ねていくことなのではないかと考えます。

豊かな子どもの時間を過ごすために毎日の生活リズム、
中でも睡眠は大きなポイントです。
全ての事象は繋がっています。
しっかり睡眠をとるためにはしっかり遊びこむことが
大切になってきますし、
しっかり遊び込むためには、
十分な睡眠と、
きちんとした食事が欠かせません。

かかわりあうこと、ぶつかりあうこと、まじりあうこと

人は人と関わりあうなかで様々に学び成長します。
友だちと関わりあうこと、
友だちの中で自分の気持ちを伝えられること、
友だちの気持ちを思うことができること、
友だちとぶつかりあえること、
お互いに歩み寄れること、
などすべて理屈ではなく
実際に生活や遊びの中でひとつひとつ獲得していくことです。

あたりまえのことながら、
子どもたちを信頼し大切に見守っていきたいと考えます。
子育てにはたくさんの人の手と愛情が必要です。
地域の中でも、
日常的にどんどんまじわりをつくっていきたいと考えます。

豊かなこの時代に
あえて環境が整っていない場での子育ては、
まさに私たちが失ってきたものを取り戻す活動ともいえます。
子どもも自然も支配せず、
心を寄せ、
次の世代に手渡すための今であることを忘れずにいたい。
時間の流れはゆったり、ゆっくり、
確実な子どもの成長を見守る「はらぺこ時間」で過ぎていきます。

   はらぺこの森に遊びにきませんか。

   森に子どもとあなたの笑い声を響かせるために
お散歩アイコン

Facebook ページ

背景画像