ケータイで見る
山の遊び舎はらぺこ
背景画像
保育士日誌

春スープからすべては始まる

09/4/19
入園からはや一週間が過ぎた。
この場所で春の保育ははじめてだが、
子どもたちの様子をみていると
春を満喫しているような。

春と言っても
今年は随分せかされているような春で
あれよあれよという間に葉桜で
あれよあれよという間に虫たちやカエル、ヘビたちが動き出した。
何と今日は草刈りまでしてしまった。
草の成長が早いんだよね。

この一週間は賑やかながらも穏やかな日々で
なんだかちょっと心配になっちゃうくらい。
まだまだ気持ちが張り詰めてるんだろうなあ。

泥遊びがかなり盛り上がっている。
いつも思うけど
土からは人はかなりのエネルギーをもらっているような気がする。
以前にくらべて
子どもたちがつくる泥団子のサイズが大きくなっている。
メガダンゴだ。

先日ついにその泥ホットケーキを本当にたき火で焼いてみた。
「こりゃあまだちょっとなまかもしれん」とかいいながら焼いてたよ。
なので次の日には本当のパンケーキを焼いた。
しかも園舎のまわりに自生している浅葱たっぷりで。
そして更にその次の日には、陶芸用のこな粘土をこねて遊ぶ。
てのひらほいくだなあ。
もしくはコネコネデイズ。

鳥のさえずりが本当に賑やかなシーズンだけど
はらぺこの子どもたちのさえずりもなかなかどうして。

来週も様々な春を味わっていこうと思う。

前後の記事

最新記事 10件

過去記事 (年をクリックすると開きます)

お散歩アイコン

Facebook ページ

背景画像