ケータイで見る
山の遊び舎はらぺこ
背景画像
保育士日誌

ひとつひとつが顔に見えるよ

08/11/12
干し柿づくりが続いている。
一回目の柿は既にいい感じで出来ている。
窓際に暖簾のように柿が並んでいるのは
晩秋の風景としてかなりいい感じ。
園舎に柿が似合うのだ。

「渋い」という味覚を
味わう事は
ふだんなかなかないだろうと思う。

柿の渋さは
本当に口が曲がりそうになる渋さなので
子どもたちにも
是非味わってもらいたいと考える。
そして
その渋柿が
これだけ甘くなるのだ、
という不思議さは
大人でもびっくりする程。

柿の皮を剥いて
大量の柿の皮が残ったが
なんだか勿体なく
何かに使えそうで
根拠もなく日なたで干している。

どうしても
活用方法がなければ
草木染めか。
あれ?
もしかして柿渋染めって
そういう事?

御指導、御鞭撻お待ちしております。

前後の記事

最新記事 10件

過去記事 (年をクリックすると開きます)

お散歩アイコン

Facebook ページ

背景画像