ケータイで見る
山の遊び舎はらぺこ
背景画像
保育士日誌

挿し絵は桜井誠氏だった

08/1/6
お正月、実家に帰ると
本棚に懐かしい本を見つけた。
「長くつ下のピッピ」アストリッド・リンドグレーン著大塚勇三訳(岩波書店)
いわずとしれた
スウェーデン作家の代表作。

小学生の時に何百回と読んだ本。
あらためて奥付を見ると
初版が1964年で、家にあったのは1973年の15版のものだった。
ちょうど私が一年生ぐらいの時だったらしい。
本国では1945年に出版されたよう。

ものすごく久しぶりに読み返しているが
やはりホントに面白いなあ。
そして、今読んで気付いたけど
ところどころに出てくる
自然の描写が、
なんだかホントに豊かな環境を示している。

ということで
最近の我が家は
ニルスとピッピ三昧。
スウェーデン三昧だ。

ちなみにピッピのフルネームは
「ピッピロッタ・タベルシナジナ・カーテンアケタ・ヤマノハッカ・エフライムノムスメ・ナガクツシタ」
だよ。

前後の記事

最新記事 10件

過去記事 (年をクリックすると開きます)

お散歩アイコン

Facebook ページ

背景画像