ケータイで見る
山の遊び舎はらぺこ
背景画像
保育士日誌

6月6日って雨ジャージャーだったっけ

07/6/8
「きょうはおひるからあめだって」
「いちにちじゅうはれだって」
などとその日の天気の話を子どもたちとするのが
日課となってきた。
自分はいつごろから
天気予報なるものを意識しはじめたかなあ。
空模様や夕焼けの具合、つばめの飛び方にいたるまで
天候の変化を事前に読み取り、
そのための準備と心構えをするというのは
はらぺこ生活にとっては
とても大切な儀式なのだが、
今日もそんな読み取り方で
カッパを持って
畑に出かけた。

出かける時から怪しかった雲行きは
畑に着き
タ−プを張って食事を始める頃には
適中し、ポツポツと降り始めた。
それでもデザートまで食べ、
持ってきたカッパを着込み
自分の荷物を用意して
再び園舎に帰る。
このことをこうやって
文章にすると
なんと非生産的な時間だったことか
と思うが、
実際は
なんだか充実した気分で過ごした時間だった。

ここに3年目のはらぺこのちからが潜んでいるのではないかと
重い一輪車を押し上げながら帰路考えた。

西の山がみるみる暗くなり
吹き渡る風に鋭さが加わり
さあ、こりゃあ大変だ
と慌てふためきながら
そんな今日を楽しんでいる自分もいたりする。
日常の中のちょっとした非日常を
楽しめるほんの少しの余裕。
そのちからが
毎日を
昨日の繰り返しにしていないのだ。

ということで、
本日の畑仕事
何も進まず。

前後の記事

最新記事 10件

過去記事 (年をクリックすると開きます)

お散歩アイコン

Facebook ページ

背景画像