ケータイで見る
山の遊び舎はらぺこ
背景画像
保育士日誌

最近読んでいる本

06/9/18
少し前に書店でみつけた。
「旅は驢馬をつれて」(スティヴンスン 著 小沼丹 訳)みすず書房
スティヴンスンは「宝島」のスティヴンスン。
本書は1878年に28歳のスティヴンスンがフランスのセヴェンヌ地方を
12日間の徒歩の旅に出た記録。翌1879年に出版され1950年に翻訳され
1955年に文庫に。そして2004年復刻。ということらしい。
これがおもしろい。けっして一気に読んでしまうというタイプの文章ではないが、
ゆっくりゆっくりスティヴンスンと旅を楽しむ。
さすがに50年も前の訳だから時代がかった表現もあるがそこもまたよい。
荒野を歩いている姿、森で眠る時の気持ち。人との出会い。すべてを
著者が楽しんでいるのがよくわかる。解説の江國香織は
「口の中でゆっくり溶かすキャラメルのように、ゆっくりくり返し読みたくなる。
濃くて、滋味豊富。胃ではなく心を、たぶん幸福にする」とべた褒め。
この本はみすず書房の「大人の本棚」というシリーズの一冊。
このシリーズのことは全く知らないが同じシリーズの中で
もう一冊読んだのが
「素白先生の散歩」(池内紀 編)だ。
これが前記の作品とは正反対のまさにあっさりした文章で
それはそれでまたよい。
岩本素白という人のことも全く知らなかったが、
何気ない散歩を愛し、美しい言葉を綴っていて
これまたゆっくりゆっくり楽しんだ。

旅でも散歩でもやっぱりおもしろいなあ。
子どもたちと名もない風景の中に飛び出していきたいなあ。
仕事で散歩できるなんて
なんて素晴らしい仕事なんだろうね。
保育士って。

前後の記事

最新記事 10件

過去記事 (年をクリックすると開きます)

お散歩アイコン

Facebook ページ

背景画像